純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

レストア:ビートのシフトブーツを再生&カスタム!

レストア:ビートのシフトブーツを再生&カスタム!

業者さんからのご依頼で、ビート用MTシフトブーツを再生&カスタムします。

再生するにあたり、使用する材料はもちろん【自動車内装用本革】を使用します。革と言っても、被服・バッグ・財布等に使用される革とは違い、自動車メーカー向けに製造される自動車内装用グレードは、過酷な車内で使用される事を前提に厳しい規格で製造されています。
その耐久性は格段に高い革です。

純正や安価な市販品では、ビニールレザーが使用されています。
自動車内装用本革に比べ、耐久性や質感の面で差があるのは明らかです。

ビートも発売からすでに四半世紀!
もう30年も前なんですね…。あの時俺は若かった…(笑)

このブーツの車齢はわかりませんが、すでにボロッボロです。
このあと分解していくのですが、色んなモノが出てくる出てくる…。
ゴミ・ホコリ・虫の死骸・etc…。
作業を始める前に、コンソールもスイッチ類を外し、キレイに水洗いしてから保管しました。
生地も丁寧に採寸し、完成後に廃棄となりました。長い間ご苦労様でした。


仕様はおまかせだったので、ブラックディンプルにレッドステッチで仕上げました。
革の厚みがあるのでまだ直立状態ですが、組み込まれればキレイに収まるでしょう。
ここがキレイになって色が入るだけで、イッキに華やかな印象になりますね。
また、この質感はビニールレザーで出すことは出来ません。


純正に比べ、ステッチの糸も一回り太い糸を使用します。
革と合皮では厚みが違いますが、部分的に厚み調整をする事で、各部に干渉すること無く組み上がっています。
汎用品ではここまでの細かい造作は出来ませんから、最終的な仕上がりが全く違います。


ワンオフでのレストアは、パーツ破損のリスク・純正のイメージを崩さない等々、色々と気を使いますが、その分やりがいもあって面白い作業でもあります。

=加工費=
個々の状態や形状によって異なります。
お見積り等も幅があるので、お問い合わせの際は現品画像・ご希望の内容をできるだけ詳しくお知らせ下さい。

ビートカテゴリの最新記事