純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

握れる状態に戻します

握れる状態に戻します

ステアリングのステッチのみ再縫製のご紹介となります。
今回のお客様は『革はそのままにステッチのみ再縫製』でご依頼頂きました。
再縫製の作業をするにあたり、2点ほど条件があります。
○革の収縮が無く(少なく)、縫製後に端末を閉じることが出来ること。
○革の劣化により縫製時に断裂が無いこと。
以上の問題がなければ、縫製作業は可能です。

加工前から見ていきましょう。


元々はブラックのステッチだったと思われます。


全体的に見てみると現状を留めている部分、糸が切れてしまった部分、パックリ開いてしまった部分とあります。いずれにしても劣化が進んでしまった状態です。


再縫製後がこちらです。


糸が切れて解けた状態が長かったのが原因で革自 体の収縮もみられましたが、何とか縫製することができ、また握っていられる状態に戻すことが出来ました。


=加工費=
レストア作業は個々の状態や形状によってお見積り等も幅があるので、お問い合わせの際は現品画像・ご希望の内容をできるだけ詳しくお知らせ下さい。

未分類カテゴリの最新記事