純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

シートベルトの限界突破は危険です

シートベルトの限界突破は危険です
昭和56年
いすゞ 117クーペ
カラーシートベルト
カラーNo.14
全席(4本)完成しました。
ベルトも40年経っていると色褪せ・ほつれも酷くなっていました。
目に見える痛みもさることながら、素材の化繊は年数劣化が心配です。痛みが見受けられなくても、素材は間違いなく劣化します。
そうなると強い力が掛かると、予期せぬポイントで破断する恐れが大です。
命に関わる問題なので、旧車に乗られている方は是非ご一考下さい。何かがあってからでは手遅れです。

赤は色抜けしやすいですが、限りなく白に近づいてしまっていますね。

タグの部分はかろうじて残っていますが、ステッチ部分が切れたら無くなってしまいます。

近似色で巻き直したので、新車の様な初々しさがあります。

タグ部分は補強を入れて縫直しました。また、管理用のLotナンバーも縫い付けてあります。

保安部品であるシートベルトは、乗員を保護する為に非常に厳しい条件があります。
当然、強度が弱いのは問題外ですが、逆に強すぎてもショックが乗員に伝わりすぎて怪我をしたり、命を落としたりしてしまいます。
保安基準に適合(車検通過)する為には、国が決めた基準の範囲内に収まるベルトを使う必要があります。
FIRSTで使用するベルトは、保安基準適合品なので引張強伸度試験・燃焼性試験に合格したベルトを使用しています。全31色で一本から製作可能です。2021.7現在

もちろん、全国通販対応ですので、遠方の方も宅急便で対応可能です。
お見積り・お問い合わせの際は、お車の年式・型式・巻き替え本数をご連絡下さい。

お問い合わせお待ちしております♪

117クーペカテゴリの最新記事