純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。
そして、エボⅢはどう仕上がったのか!?

多分…、いや、確実に過去最高に難しい状態のレストアです。
今回は走行30万kmというエボⅢの純正MOMOステアリングです。
エアバッグが装備されていない年式なんですが、すでにメーカーでは新品パーツの供給はありません。
オーナーさんの強いご希望もあり、今回レストアをさせて頂く事になりました。

状態は説明するよりも、現品を見てもらったほうが話が早いでしょう。
革は全体的に傷んでいます。
向かって右側はグリップテープの様なモノが巻かれていて、オーナーさんが大変だったのを垣間見ることができます。
ただ、後々このテープがあって良かったと思うんですが…。


テープが巻かれていない左側です。
MOMOは革の合わせ目が接着のケースが多いんですが、このステアリングも接着でした。
テープが無いことで革に接着されたウレタンが引っ張られ、見事にひび割れてしまっています。
さらに、引っ張られて寸法的にも大きくなってしまっています。


一番ひどいのは上部です。
革は欠損して、さらにウレタンも削れて凹凸が酷いです。
レストアを考えるのであれば、革がひび割れた位で使用を止めたほうが無難です。
ベースが痛むと修復に時間も費用もかかってしまいますし、最終的な仕上がりにも影響してきます。


この状態のステアリングを丁寧に剥がします。
長年の使用でウレタン部分も削れてしまっています。


痛みは裏表含め全体の80%くらいに及んでおり、下地作りでかなりの時間と手間が掛かっています。
樹脂系の粘りのある補修材ですが、あまり厚くは盛れないのでギリギリまでです。


さあ、それでは完成品公開~!

持ち込んでいただいた時点では、30万キロを使用した革はその限界をむかえていました。
しかし、純正を使用したいというオーナーさんのご要望を受け、職人のプライドを掛けた挑戦が始まりました。
この先も困ることが無い様、改善出来る部分は改善します。
既存の分割では革の剥がれのリスクがあるので、基本的に手縫いのステッチで仕上げます。
デザイン的にディンプルを配すために、上下左右の4分割に改めます。

もう、加工前とは全く違います。


凸凹だった上面も丁寧に下地を作り、元の状態からは想像できないほどのフラットな仕上がりです。


一緒にズルムケになった社外ノブもお預かりしましたので、こちらも同時に巻き直します。
ノブもなかなかの痛み具合です。


革はズルムケてしまい、ステッチもかなりズレています。
ベースはアルミの無垢なので、見た目以上に重いです。


ズルムケだったノブもちゃんと再生できました。

正直、最初に現品を見た時は「もうダメだろうな」と心によぎりました。
しかし、なんとか再生したいという強い気持ちに押され、「これは挑戦しなければならない」と思いました。
作業内容としてはとても大変でした。しかし、それ以上の満足感があった作業でした。

=加工費=
費用は個々のパーツに合わせて行ないます。

 

 

ランサーエボリューションカテゴリの最新記事