純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

MINI R56/58/59/60用3本スポークステアリングカスタム

MINI R56/58/59/60用3本スポークステアリングカスタム

FIRSTは以前所有していたクロスオーバーをキャンバスに入れ替えてしまったので、MINIのステアリングに触るの久しぶりです。

そして、3本スポークの施工は初めてです。
MINIのステアリングは、分割の位置が独特なんですが、これが災いして部分的に盛り上がっていたり、ラインがヨレちゃったりするんです。
欧州車って革も硬いんですよね~。
2本スポークモデルと比べると、スポークの本数以外はフィンガーレストが大きな違いでしょう。


ステッチも国産ではあまり見ない縫製ですが、これがちゃんと締まるのか微妙なんです。
口が開くほどでは無いんですが、触るとちょっと…。
縫製ラインはフィンガーレストの部分が大きく後退しています。


と言うことで、革の配色や握り心地を考慮して、形状は変わりませんが分割位置等は全く別物にします。
それにしても、パドルを含め配線・フィニッシャーを外すのも癖がありますね。
分かれば簡単ですが、最初はちょっと悩みました。


握る位置で分割が無くなるので、スポーク部も素直な握り心地です。


ステッチもベースボールステッチに改めます。
ステッチにしっかりテンションが掛かるので、ステッチ部の程よい盛り上がりもあります。
ライン自体は変えないようにしたので、フィンガーレスト部もしっかり後退しています。


あまり目につかない部分の変更点ですが、革とバックカバーの見切り部分に溝を作り、端面を落とし込んで処理します。
欧州車で多いパターンですが、革の収縮や接着剤の劣化で隙間が広がってしまうので、長い目でみるとあかり良い方法では無いと思います。
なので、多少手間は増えますが、より確実で見た目も良い方法に変更します。


参考までに、加工前の状態です。
革の端面をカバーの端に突き当てなので、若干隙間が見えますが、これが時間が経つと更に広がってきます。

58/59/60/61も年数が経ってきているので、革の傷みも出始める時期です。
リフレッシュを兼ねて、新品以上の状態にしませんか?
もちろん、色も変えれば効果は抜群です。

=加工費=
MINI
3本スポークステアリング革巻き加工:54780円(本体価格:49800円)
※ハイクラス仕様はお問い合わせ下さい。
※上記価格は消費税込みの価格となります。
※上記に部品費・送料は含まれません。

MINIカテゴリの最新記事