純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

加工品質のこだわり

加工品質のこだわり

今回は加工品質についてです。

当社は自動車メーカー向けの試作・開発を行ってきました。
純正部品を知り尽くした当社でしか出来ない!そんな製品作りのこだわりです。

今回は内装品、特にステアリングの品質についてFIRSTのこだわりをお話しようと思います。

●耐久性
純正品は開発段階から、耐久性(耐摩耗・耐熱・耐光等)のテストを厳しい基準で行っています。
車を運転する上でも重要保安部品ですので、事故の際にもショックを吸収してケガが少しでも軽くなる様に作られています。

FIRSTの加工に関しまして、ステアリング本体は純正品をベースにするので、エアバッグも使用出来ますし、事故の際も純正同様の働きをします。
材料も自動車用に製造された物を、国内のメーカーから直接仕入れています。
日本での使用や日本の自動車メーカーの基準を考えて製造されているので、耐久性は純正と同等です。

●加工精度
純正品の弱点…。
それはコストです。
もっと良い物を作りたくても、コストがかかるから出来ない場合も多々あります。

また、日本車と言っても、部品単位で見れば日本製の物は年々減っています。
ステアリングに関しても海外生産が進み、国内で加工されているのを探す方が大変です。
実際、当社へ送られてくるステアリングのほとんどが海外製です。

FIRSTでは材料調達から加工に至るまで、すべて国内で行います。
また、純正では何百人・何千人という人間が加工に関わりますが、当社は少数精鋭で、すべての工程が管理出来るようになっています。
熟練した職人が、純正以上の精度で加工出来るよう、日々頑張っています。

●他社との違い
これはあまり大きな声では言いたくはありませんが、お客様を守る為に言わせてもらいます。

粗悪な業者に気を付けて下さい。

以前、某ショップへ依頼した物を、再度加工して欲しいとの注文がありました。
そのお客様は、某ショップへクレームを出したそうですが、帰ってきた回答は「革なのでしょうがない」・「革巻きではこのレベルしか出来ない」と言われたそうです。

そんな訳ない!
仕上がりを革のせいにしないでもらいたい。

技術の足りない(無くはない)業者がいるのも事実です。
自社で加工していない業者がいるのも事実です。

もし、加工を依頼する場合は出来るだけ突っ込んだ質問をしてみて下さい。
ちゃんと答えられなかったり、自社で加工していない業者には注意して下さい。

FIRSTとはカテゴリの最新記事