純正ステアリングの製造・開発・試作の技術を生かし、確かな技術と知識でお客様をサポート致します。

苦労した点を1つあげるのであらば

苦労した点を1つあげるのであらば
1986年シトロエンBX16TRS(前期型)のステアリングのご紹介です。
私がまだランドセルを背負った小学生の頃のお車。
そして、元のステアリングは後からウレタンステアリングに革が巻かれた状態。
今回ご紹介のステアリングで『苦労した点を1つあげるのであらば...』
縫製にものすご~く苦労しました。
それは後程に...
加工前がこちらです。


なんと言ったらいいのか...

巻かれた革を剥がし、本体をクリーニングし、完成したのがこちら。
=仕様=
革:
上下  アッシュグレー・ハイクラス
左右  アッシュグレー・ディンプル
ステッチ:
ゴールド


分割位置には本体に溝加工を施し、フラットに。


普段目にするステアリングと違い、ちょっと平べったい感じです♪

最初に巻かれていた革は付け根に近い部分まででしたが、ウレタンの劣化等もありお客様のご要望でギリギリまで革を伸ばした設定に。


先端は折返し、キレイに処理します。

そして、最初にお知らせした『縫製に苦労した』とは...
長いんです!!
何が???
心軸が!!!
外すことが出来ないので、四苦八苦しながらの作業となりました(;´∀`)


お客様から取付画像も頂きました♪


こちらは加工前のステアリング。


加工後がこちら。

ダッシュボードの色ともピッタリですね。

~お客様からのご感想~
車のマイナートラブル修理と共に再装着を依頼していましたので、ようやく素晴らしい革の感触を楽しんでいるところです。
今回、ダッシュボードも交換しておりますので、新車同様とは言えませんが素晴らしいマッチングに感謝しております。

=加工費=

シトロエン
BXステアリング革巻き加工:43780円(本体価格:39800円)
※ハイクラス仕様はお問合せ下さい。
※上記価格は消費税込の価格となります。
※上記には部品費・送料は含まれません。

BXカテゴリの最新記事